キングダム

キングダム【647話】最新話確定ネタバレあらすじ、感想と考察まとめ!目指すは青歌の司馬尚!呂不偉の動き!

2020年7月9日(木)発売の週刊ヤングジャンプ32号に掲載された『キングダム』第647話『河南の動き』のネタバレあらすじ、感想と考察を紹介していきます!

文章のネタバレではなく絵付きでキングダム【第647話】を読みたい方は、U-NEXTなら今すぐ無料で週間ヤングジャンプ2020年30号を読むことができます!

さらに、U-NEXTは『キングダム』のアニメも第1シーズンから第3シーズンまで見放題です!

U-NEXT公式サイト

『キングダム』の最新刊やお好きな巻を無料やお得に読む方法を、詳しく知りたい方はこちらをあわせて御覧ください!

https://www.endthewar.org/kingdom-arasuji57kan/

漫画『キングダム』前話646話『雁門以来』振り返り

次期王が太子嘉ではなく末子の遷様に継がせるという遺言を聞いて、李牧たちは太子嘉を連れて急いでいました。

しかし、そこにはすぐに郭開から放たれた暗殺の手が!
そして、地下牢から出た嘉一党は一族残らず皆殺しにあっていました。

カイネと共になんとか太子嘉を逃がすため、奮闘するのでした。
舜水樹や馬南慈、傅抵の協力もあり、なんとか太子嘉を連れて法紹に到着します。

李牧はその夜、野営のテントでカイネと二人きりになると珍しく弱音を吐き、「もう少しだけそこに居てくれませんか」と言うのでした。

前話の内容を詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

キングダム【646話】最新話ネタバレあらすじ、感想と考察まとめ!李牧の邯鄲からの脱出!7月2日(木)発売の週刊ヤングジャンプ2020年31号に掲載された『キングダム』第646話『雁門以来』のネタバレあらすじ、感想と考察まとめを紹介します。!邯鄲からの脱出を目指す李牧!果たしてカイネや嘉太子と共に逃げ延びることができるのか?一体これから趙はどうなるのか!?第647話が待ちきれません!ぜひご覧ください! ...

漫画『キングダム』第647話『河南の動き』ネタバレあらすじ!

こちらでは『キングダム』第647話のネタバレあらすじを紹介します。

カイネの興奮と後悔

『やばい やばい やばい』そう思いながら足を速めるカイネ。

落ち込んでいる李牧を初めて見たため、つらすぎてよくわからなくなりつい変な感じで抱きついてしまいました。そのことが恥ずかしくなり顔を赤めています。

心配する臣としてはおかしくない…ということはない、自分が何か越えてはならない一線を越えたのではないかと色々考えてしまいます。

李牧が珍しく弱音を吐きカイネが後ろから抱きついた後、しばらくして李牧は急に立ち上がります。

恥ずかしくなったカイネが「すいません失礼します」とテントを出ようとすると、李牧は「カイネ こちらこそすみません ありがとう」と言うのでした。

カイネは李牧に少し元気が戻っていたように感じ、急にテントを飛び出したことに落ち込みその場にうずくまります。

すると、周りの兵が心配して駆け寄ると「うるさァィ 今は構うなァ」と叫ぶカイネを遠目から舜水樹と馬南慈、傅抵が見ているのでした。

李牧達の選択肢

李牧のテントの前に集合した舜水樹、馬南慈、傅抵、そして恥ずかしそうなカイネ

李牧はテントから出てくると「無事で何よりでした 舜水樹・馬南慈・傅抵」といつもと変わらない表情で3人をねぎらいます。

その様子に馬南慈は「ムハハ 李牧様はお気力は失っておらぬようで 憔悴しているとの報告は誤りでしたな」と言うのでした。

舜水樹がすぐにこれからどうするのかを聞きます。仮にも李牧達は王命に背き、王都軍と戦ってまで嘉を逃した言わば反乱軍です。

舜水樹が三択の選択肢を言います。

  • 投降して断罪されるか
  • このまま逃走を続けるか
  • 邯鄲に攻め入り新王と郭開を抹殺し嘉様に王位に就いて頂くか

さらに言葉を続け、「もしくは第三の選択を変化させて邯鄲を落しても嘉様を呼ばず、そのまま李牧が新王朝を築くという道も」と言うのでした。

「えっ」と驚く傅抵とカイネ、すぐに李牧が「そのくらいにしておきなさい舜水樹」となだめます。

李牧は、邯鄲に攻め入って嘉が玉座に座っても強奪になり、真の趙王として迎えられない。それを自分がするなど言語道断だし、そんな腹づもりもないと言うのでした。

投降しても皆殺しになるため逃走の一択かと言う傅抵に、李牧は消去法で逃げるのではないと言います。

秦軍に打ち勝ち、趙を救うためには必ず自分たちの力が必要になる。李牧が軍総司令に戻るまでこの軍は雌伏すると言うのです!

李牧不在で秦軍の侵略を防ぐのは無理だから、必ず郭開の方から頭を下げてくると馬南慈。
舜水樹も、今回の騒動もまだ正式な王のいない空白時なので、互いに勘違いだったと言い訳できると言うのでした。




向かうは司馬尚のいる「青歌」

逃げて時をかせげば秦も侵略してくるし色々あやふやになって復帰できる、ということです。もちろんそのために根回しはしていきます。

では、どこへ行くのかと問う馬南慈に、李牧は「行きたい所があります」と返します。

司馬尚のいる「青歌」です

李牧のその言葉にみな驚いています。司馬尚と言えば、以前オルドの侵略を食い止めた三大天候補です。

「国のいざこざに関わらない男のようですが、受け入れられますか?」と問う舜水樹に「一応返事はもらっています」と言う李牧。

それを聞いて「ッハハハ さすが李牧様 青歌司馬尚を取り込む…… あくまでもただでは起き上がらぬという腹づもりだ」と大声で言うと、手をバンっと叩きます。

「今の何倍もの力になって復帰できるようここから立て直していきますよ!」

李牧のその力強い言葉にみな「ハ!!」と答えるのでした!

紀元前236年
鄴を攻略した秦軍はこれ以上侵略を踏みとどまらざるをえなった
李牧は退場したものの国防に対する邯鄲の動きが的確だったからだ

悼襄王の時一切動かなかった強力な邯鄲軍が大挙して出陣し、扈輒軍に加わり前線を固めたのでした。

前線を固める一方でその後ろの番吾と平陽の拠点強化に素早く着手し、周囲は実験を振るう郭開の手腕に驚きました。

しかし、それはいずれも実は地下牢で李牧が郭開に進言したものだったのです!

河南の動き

年が変わり紀元前235年
この年は中華の驚く予想外の戦いが三国間で起こるが、その前に秦国内である大きな出来事が起きたと「史記」は記しています。

秦国の軍略会議では、趙国との戦いについて議論されていました。

そこに遅れて現れた肆氏は浮かない顔をしています。「どうした肆氏」と嬴政に声をかけられると外で話がしたいと申し出るのでした。

中で晶平君と李斯には聞かれたくなかったと言う肆氏に「河南」かと言う嬴政。
それは呂不偉のことでした!

三年前の嫪毐事件の連座により呂不偉は冠位を剥奪され、河南の城に隠遁していますが、その三年の間に人が集まり朝廷を脅かす程の大勢力に膨れ上がってきているのでした!

河南に入っているのは、かつての竭氏の残党、嫪毐毐国の残党、そして呂不偉派の残党、つまり今の朝廷からはじき出され日陰に蠢いている各残党が大終結しているのでした。

肆氏が以前から反乱とならぬように水面下で手を打ち続けていましたが、もはや限界で根元を、呂不偉の命を奪う時が来たと言うのでした!

それを聞いて嬴政は、まずは自分が会ってこようと言います。

「直接会って話してくる…呂不偉と」

嬴政はそう告げるのでした。




漫画『キングダム』を無料ですぐに読む!

以上、『キングダム』第647話のネタバレあらすじ、感想と考察まとめを紹介しました!

でも、やっぱり漫画は絵つきで読んだ方が面白いですよね!!

U-NEXTなら31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約なら一切お金はかかりません!無料登録直後に600P貰えて、キングダムの最新刊や好きな巻をすぐに無料で読むことができます!!

もちろん、週間ヤングジャンプ2020年30号を無料ですぐ読むことも可能です!

さらにU-NEXTは、漫画だけでなく無料動画も見放題作品がたくさん!

『キングダム』はアニメも第1シーズンから第3シーズンまで見放題です!

『キングダム』の最新刊や好きな巻を無料で読んで、アニメまで見放題!!
U-NEXTなら、どちらもとってもお得に楽しむことができますね!!

『キングダム』の漫画を無料でお得に読みたい方は、ぜひこちらから無料お試し期間に登録してお楽しみ下さい!

U-NEXT公式サイト

解約方法は以下のボタンからご覧ください。

U-NEXTの解約方法はこちら

※無料登録後31日以内に解約すればお金はかかりません

『キングダム』を無料やお得に読む方法を別記事で詳しくまとめていますので、ぜひこちらもあわせてご覧ください!

https://www.endthewar.org/kingdom-arasuji57kan/

漫画『キングダム』第647話『河南の動き』感想と考察まとめ!

李牧の元に信頼できる家臣達、馬南慈、舜水樹、傅抵、そしてカイネが集結しました。

前夜のカイネに弱音を吐いた李牧とは違い、4人の前に現れた李牧は普段通りに戻っていました。やはり、李牧にとってカイネは大きな存在なのですね。

舜水樹の出した最後の選択肢、李牧が新王朝を作るというのにはびっくりしましたが、やはりそこは李牧。そんな気はさらさらありません!

向かう先が司馬尚という所に、その手があったかという感じです。

どれだけ落ちてもすぐに立ち上がり、広く先を見こして軍総司令に復帰する算段を立てている李牧を尊敬してしまいます!

そして、秦国ではまさかのここにきて呂不偉!

各残党が集結する呂不偉は一体どういうつもりなのか!?

一体これからどうなっていくのか、今後の展開から目が離せません!

まとめ

今回は、『キングダム』第647話『河南の動き』のネタバレあらすじ、感想と考察を紹介してきました!

そんな『キングダム』の最新刊を無料でお得に読める一番おススメの方法は、U-NEXTです!さらに、U-NEXTでは『キングダム』のアニメも第1シーズンから第3シーズンまで見放題です!

U-NEXT公式サイト

解約方法は以下のボタンからご覧ください。

最新刊を無料で読んで、アニメまで見放題で楽しんでみてはいかがでしょうか!?